Web Analytics Made Easy - StatCounter

Economics Of TEC

経済学,IT,英語学習などに関する情報を発信しています。

【C#入門】条件分岐の書き方-switch文-

f:id:WillSpecter:20200811195608j:plain

 

今回は、「条件分岐の書き方-switch文-」を紹介させていただきます。

if文やswitch文はどのプログラミング言語でも重要な考え方になりますので、是非マスターしてください(^^)

条件分岐とは

名前の通り、条件によって実行する処理を分岐させることです。

~だったら処理を行う。それ以外は別の処理を行う」というような処理です。

C#では、if文やSwitch文があります。 

 

if文の書き方については、こちらの記事でまとめています。

it-rpa.hatenablog.com

 

if文だけでswitch文と同じ処理をすることもできますが、else ifを多用することになりコードが複雑になります。複数ケースで分岐させたい場合はswitch文が向いていますね。

 

一方で、「変数の値が特定の値より大きい(n>10)場合」や「複数の変数や条件を組み合わせて分岐させたい場合(&&や||を利用する場合)」はif文が向いています。

switch文の書き方

早速、switch文の書き方を見ていきましょう。

switch文は変数などで受け取った変数値の結果を元に、実行する処理を変えたいときに使用します。

            switch (式)
            {
                case 値:   //変数や式と比較する
                    処理;
                    break; //switch文から抜ける
                default:  //case文に当てはまらない場合
                    処理;
                    break;  //switch文から抜ける
            }

---------------------------------------------------------

①switch の右()に変数や式を入れます。

②条件分岐させたい値をcaseの右に書きます。

③式==値だった場合に実行する処理を書きます。

④breakでswitch文から抜けます。

⑤default内はcaseの値に当てはまらない場合に実行する処理を書きます。*省略可

---------------------------------------------------------

case文を増やす場合は②~④も合わせて書いてください^^

また、C#では処理を書いた後にbreakがないとエラーになってしまうので、breakを忘れずに入れてください。(CやC++とは違ってフォールスルーは禁止されています)

■プログラム例

ここでは、ItemNameという変数の値に対して、3つのcaseとdefaultで処理を分けています。

            switch (ItemName)
            {
                case "ケーキ":
                    Console.WriteLine(ItemName+"は500円です");
                    break;
                case "クッキー":
                    Console.WriteLine(ItemName + "は300円です");
                    break;
                case "コーヒー":
                    Console.WriteLine(ItemName + "は400円です");
                    break;
                default:
                    Console.WriteLine(ItemName + "は売り切れです");
                    break;
            }

①ItemNameがケーキの場合、②クッキーの場合、③コーヒーの場合、④それ以外の場合で表示するメッセージが変わってきます。

今回は、変数と比較しましたが、switch (ItemNum % 2)など式を入れることもできます。

また、下の処理も行いたい場合はgoto defaultのようにgotoを使って書くことも可能です。goto を書けばその処理内のbreakは不要です。

ひとこと

いかがでしたでしょうか。条件分岐は基本となる考えですので、是非マスターしてください^^

因みに、Visual Studioではコードを書いた後にtabキーを2回押すと、コードが挿入されます。(コードスニペットと呼ばれているようです)

例えば、switchと書いた後に、tabキーを2回押すと下記のように定型文が表示されるので、とても便利です。

            switch (switch_on)
            {
                default:
            }

 

今回の説明は「確かな力が身につくC# 「超」入門」を参考にさせていただきましたが、「もっと前から読んでおきたかった!」と痛感しています、、。もし、C#について学び始めたという方は是非参考にしてみてください!(2020年7月に出版された新書です(^^)

他にも、C#関連の記事を書いていますので是非参考にしてください!

◆合わせて読みたい◆